Greasemonkeyのユーザースクリプトを使うことによって、他人のウェブサイトでも必要のない表示を消してしまったり重要度の高いものを強調表示したりといろいろと便利。
しかし、素人のいじるスクリプトなもんだから誤爆も多く、常に修正が必要になる。それはそれでしょうがないんだけど、家以外の環境で家と同じユーザースクリプトを使おうと考えると、ちょっと面倒になる。
方法の一つは、そのユーザースクリプトをシリコンメモリデバイスで持ち運ぶ。もう一つはウェブ上にユーザースクリプトを置くという二通りが考えられるけど、それぞれ問題点もある。
持ち歩く場合の問題点は、いちいちシリコンメディアにコピーし、更にシリコンメディアから別環境にコピーをしなくてはいけない。
ウェブ上に置く場合の問題点は、ユーザースクリプトのアップロードが容易にできなくてはならないということと、ウェブ上のスクリプトをどうやってGeasemonkeyに取り込むのかというところ。
今までは前記のユーザースクリプト持ち歩きで対処していたけど、よりラクをしたいのと何より持ち運ぶためにはまずシリコンメディアにコピーをしなくてはいけないけどコピーを忘れるのでウェブ上に置く方法についてちょっと考えてみることにした。

まず最初の「ユーザースクリプトのアップロードが容易に出来るように」についてはいきなり難問。
このブログでjsファイルをアップロードしようとすると、「ファイルアップロード」→アップロードファイルの参照(選択)を行わなくてはいけない。めんどくさい。
jsファイルをアップロードする以外では、このブログの「プラグイン」にユーザースクリプトのソースをコメントアウトした形で登録するという方法が思い付くけど……なんか、古のアングラ世界の知恵って感じでちょっと苦笑い。はまえぼかよみたいな。
ソースをそのまま載せるんでいいのであれば、そういえば自分がレンタルしている古の掲示板もあったっけというのを思い出した。そこでもいいんだけど、非表示ワードとかそのまま見えてしまうのはちょっと恥ずかしいかも……というのがあるのでこれはどうなんだろう。
まあ、それぞれ問題もあるようだから、そこらへんは上記の三つの中から一番ラクそうなもので妥協するとして。

Greasemonkeyへの取り込みについて、jsファイルのアップロードなら、ユーザースクリプト中でdomのlinkオブジェクトを作ってウェブページに挿入し、そのままjsファイルを読み込んでもらうという方法を考えたけれども、やっぱりファイルのアップロード自体がめんどくさい。
となると、前記二つの「プラグインコメントアウト」方法か「掲示板ソース垂れ流し」方法かということになりそうだけど……エレガントではないのでやっぱり却下。jsファイルアップロードの方がマシということで、時間が取れたらそっちの方向でちょっといじってみるかね。(……今ヤルんじゃねぇのかよ!!)

ちなみに、ぐぐるさんにユーザースクリプトの同期でお伺いをたててみたけど、それらしいのは見当たらず。残念。
関連記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Comment
※コメントスパム防止の為半角httpと全角wをNGワードに設定してあります。






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
http://nekomimya.blog28.fc2.com/tb.php/68-b32114ce
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ表示設定
横:
縦:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

寝込み屋(nekomimya)

Author:
寝込み屋(nekomimya)
twitter:
寝込み屋(@nekomimya)

リンクはご自由に。外すのもご自由に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
ブログ内検索(Google)
※要JavaScript、別ウィンドウで結果表示
ブログ内検索(FC2)
※検索結果が表示されないことがあり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近の記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FC2リンク
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    FC2カウンター
    閲覧者数合計


    現在の閲覧者数
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最近の画像
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    検索フォーム