今現在PSP-3000は2台目を使用中だけど、方向キー入力でギュムギュム音がうるさくなってきたので、先代のPSP-3000を復活させてみようとamazonさんで ANEX 精密ヘクスローブドライバー T-2 No.87 を購入。お値段 ¥ 1,570 也。
ついでにカメラ用のブロワーも購入。
このドライバーはPSP-2000やPSP-3000で上部に使われている トルクスネジ を外すのに使用。 上部以外では普通のプラスネジで留められているので、PSP分解には細いプラスドライバーと細いトルクスドライバーの2本が必要になる。(PSP-1000ではトルクスネジは使用されていないはず)
実は、 VESSEL トルクスドライバーセット No.TX-10 を先に買ったのだけど、こちらは太すぎて合わなかった。損した。

先代のPSP-3000は
  1. UMDをロードしない(ピックアップが動かない)
  2. ボタンの微妙な不反応
という症状が出ていた。
一番目のピックアップは埃で目詰まり・或いはグリス切れ、2番目はボタン接点の埃で接触不良と原因を推測。 まあ分解してブロアーでブヒブヒしてやればどうにかなるだろうということで分解。
PSP-3000分解
ネジを外しPSPをパカっと開けたら「カラン」という音と共に謎の金属片が転がり出した……。 (画像一番上の金属片) まずっ、どこのパーツだかわからねぇ……と焦って PC Watch のPSP-3000分解記事 を参照してみたものの謎の金属片については触れられていない。
試行錯誤をした結果、PSP上部にはめ込み液晶を支持するパーツらしいということが判明。
PSP-3000 謎の金属片をはめる場所
左手人差し指爪先で押さえてるのが謎だった金属片。
PC Watch の記事みたいに完全に分解しちゃうと組立て直す自信がないので、カバーを外したところでやめとく。
謎の金属片の憂いは無くなったので、一生懸命ブヒブヒして埃を飛ばす。 どこに詰まってたのかと思うような綿埃が飛び出してびっくり。
ボタンの接点はウェットティッシュで拭く。

ここでとりあえず仮組み、バッテリーを装着、UMDを入れて電源オン。UMDが動作するか確認。 ちゃんと回る。起動も出来る。ということでピックアップ動作部にグリスは必要なさそうなので、このまま閉めちゃうことにする。

ボタンの反応を確認する為に、久しぶりに 初音ミク -Project DIVA - の 初音ミクの消失HARDをプレイ……。 ってよく分からないな。まあちゃんと反応していることにしよう。

そんな感じで多分成功。そのうち、PSP-2000も分解・掃除してみるかな。
関連記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Comment
※コメントスパム防止の為半角httpと全角wをNGワードに設定してあります。






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
http://nekomimya.blog28.fc2.com/tb.php/366-494133d4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ表示設定
横:
縦:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

寝込み屋(nekomimya)

Author:
寝込み屋(nekomimya)
twitter:
寝込み屋(@nekomimya)

リンクはご自由に。外すのもご自由に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
ブログ内検索(Google)
※要JavaScript、別ウィンドウで結果表示
ブログ内検索(FC2)
※検索結果が表示されないことがあり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近の記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FC2リンク
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    FC2カウンター
    閲覧者数合計


    現在の閲覧者数
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最近の画像
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    検索フォーム