前々回 続・PCゲームのキャプチャー では音ズレ問題をタイムストレッチで無理やり解決したことにし、 前回 続々・PCゲームのキャプチャ では Dxtory ではなくハードウェアでキャプチャをしようとして失敗。 結局原点のDxtoryでのキャプチャに立ち戻り、音ずれ問題に立ち向かうことにした。
今の今まで放っておいたのは、時間が経てばそのうちバグも修正されるだろうと思っていたから。

ということで情報収集。
Dxtory Forum で「音ずれ」で検索したり、開発者ブログを探検 して分かったことは
音ずれは環境の問題です。ずれてしまった物は自身で直しましょう。
ああ、開発者はもう音ずれ投げてるのね。
Vistaだと音ずれ発生しないと開発者は言っているが、生憎自分の環境はXP。 今後も修正されることはなさそうだ。

じゃあしょうがない。自分で対策するしかないということであれこれ。
音ずれは映像と音声のタイミングのズレだけではなく、長さもあっていない。 一部分だけタイミングを合わせても、動画が長いとそのうち映像と音声がずれてしまうのだ。
なので以前は、波形編集ソフトで音声編集・タイムストレッチしてビデオに無理やり長さを合わせていたけど、この方法だと音質が激烈に低下する。 今回は発想を平行移動、サンプルレート変換で擬似タイムストレッチすることに。


手順は以下。
  1. Sound Forge に Dxtory で録画(録音音声設定 96kHz PCM)したAVIファイルを読み込む
  2. メニューから「Process」→「Resample」を選択し、リサンプルウィンドウを表示
  3. 設定するサンプルレートに「95,932」を入力し、 Set the sample rate only (Do not resample) のチェックボックスにチェックを入れ、「OK」でリサンプルを実行
  4. 再度リサンプルウィンドウを開き、 Set the sample rate only (Do not resample) に チェックを入れないで 48kHzにリサンプルを実行
  5. AVIファイルとして出力

どうでもいいが、ビデオ・無圧縮/Sound・PCM 16bit 48khz 設定で出力すると105GBにもなる。
HDDの読み出し速度によっては、無圧縮AVIをコマ落ち無しで再生出来なかったりするので(出来なかった……)再度動画編集ソフトで切り出しを兼ねてdivx・mp3に圧縮。
動画編集はAVIUTLで行ったが、「システムの設定」の「ロード時に29.97fpsに近いものは自動的に29.97fpsに変換する」とか「ロード時に映像と音声の長さが0.1秒以上ずれているものは自動的にfps調整する」あたりにチェックが入っているとフレームレートが変換されてしまうので注意。ちょっとはまりかけた。 一応、読み込み時に「fps変換なし」を「60fps」に変更して読み込んだらフレームレート変換されなかった。

とまあ、今回はこんな感じで音ずれを修正出来た。 とはいっても、毎度の事ながら根本的な解決にはなっていないのだけど……まあしょうがないということにする。

で、上記の Set the sample rate only (Do not resample) のチェックボックスにチェックを入れたサンプルレート変換のことだけど、変換前は「1秒間に96000サンプルを再生」だったものが、変換後には「1秒間に95932サンプルを再生」されるようになる。 簡単に言えば「再生時間が伸びる」。擬似的にタイムストレッチを行うということ。
「95,932」というサンプルレートの数値は計算で導き出したものではなく、 レート変換→動画再生という方法で目視で確認したもの。 これくらいなら最初から最後まで(約34分)ずれてないように見えるかなーといった適当な数字で、 環境によって変わってくるかもしれない。
タイムストレッチの再生時間を指定して時間調整するより遥かにめんどくさかったが、 (サンプルレート手入力で長さが合うまで何回もリサンプル……) タイムストレッチのような激烈な音質劣化はしないので、サンプルレート変換の方が方法としては遥かにマシかなーと。

で、現在その動画をYoutubeにアップロード中。 また eXceed3rd BP だったりするので再生数伸びないだろうなー。
つーか、全部上がるのに2日くらい掛かりそうだよ!!

関連エントリ:(↑新 古↓)
関連記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Comment
     /  杉並四号 [URL] #-
お久しぶりです。

過去のエントリを詳しく読んでないのでもう試したかもしれませんが、
知人ではアマレココを使っている人が多いような気がします。
コデックは別途同ページからAMV3のインストール&設定が必要。

一応自分の環境では音ズレ無し、画質良好でした。キャプチャ後はaviutlなりなんなりでご自由にという感じ。
2010.04.25 Sun 16:12 [Edit]
     /  杉並四号 [URL] #-
URLは禁止ワードでしたw
2010.04.25 Sun 16:13 [Edit]
     /  寝込み屋 [URL] #h4uuCcSQ
ども。ブログ更新頻度上がってて良いですよ。
無理やりコメントしてみようかと思ったけど(本当に出来るかどうかはわからん)、
荒らし扱いされたらヤなのでやめときました。 ><

で、アマレココについてはここに書いてないですね。
アマレココは一年半程前(もうちょっと前かも)に使ってみた時に、
ウィンドウキャプチャ320x240で10fps出なかったので完全スルーしてました。
その時のマシンはP4-2.8GHzだったので今のCore2Q9450マシンで試してみました。

キャプチャ対象アプリはeXceed3rd-BPで、
スタート→クリアまで約30分キャプチャ。

Dxtoryに相当するDirectXキャプチャのアマレコ・ライトでは
キャプチャ開始時にエラーが出てそもそもキャプチャ不可。

デスクトップキャプチャのアマレココでは
ウィンドウモードですが640x480 60fpsでキャプチャ出来ました。
音ずれも無いようでヨサゲな感じがしましたが、
キャプチャ化けすることがあるよう。
blog-imgs-35.fc2.com/n/e/k/nekomimya/20100425_amarecoco_bake.jpg
↑画像URL (今なら右の「最近の画像」でアクセスできましゅ)
頻度は高くないようなので(今のところ一箇所だけ確認)
環境・運次第?我慢すれば大丈夫か?
あと、時々カクつくのでフレーム取りこぼしも?
ここんとこは60fpsキャプチャだったので30fpsにすれば大丈夫そう。

以前よりはるかに良好なキャプチャが出来たのでびっくり。
音ずれしないというのはかなりいい。
使い方が限定されるけどアマレココでもいいかも……
なんて思ったけど、既にDxtoryライセンスに金払っちゃってるし、
上記の細かいところを考慮に入れるとDxtoryのままかな。
まあ、AMV3も安いのでライセンス購入しちゃってもいいんですけどね。
2010.04.25 Sun 23:02 [Edit]
※コメントスパム防止の為半角httpと全角wをNGワードに設定してあります。






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
http://nekomimya.blog28.fc2.com/tb.php/350-dff18411
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ表示設定
横:
縦:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

寝込み屋(nekomimya)

Author:
寝込み屋(nekomimya)
twitter:
寝込み屋(@nekomimya)

リンクはご自由に。外すのもご自由に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
ブログ内検索(Google)
※要JavaScript、別ウィンドウで結果表示
ブログ内検索(FC2)
※検索結果が表示されないことがあり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近の記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FC2リンク
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    FC2カウンター
    閲覧者数合計


    現在の閲覧者数
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最近の画像
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    検索フォーム