概要は和音になったオーディオ素材を自由に編集「VisualVox polyphonic」。和音オーディオ波形から構成音を個別に操作できるらしいということで勝手に「Direct Note Access」対抗と書いてみたが、DNAと違ってすでにβ公開という! しかもお値段99ユーロ( = 1.134584 万円)というリーズナブル価格?

まあ聴いてみないとどこまで出来るのかよく分からないので、とりあえず件のvvpのページでdemoを聴いてみる。 クワイアとギターの加工前・加工後の四つのデモサウンドがあったのだけど……。
ん?と思ったのが、まずいずれも音質自体が微妙。クワイアはvorbis137kbpsだしギターは部屋鳴りが……加工前の素材の音質自体がアレなので評価に非常に困る。
それを置いておくとして、分解合成した加工後の音自体は特に不自然には感じないものの、クワイアのデモの最後に入っているピッチベンドはなんなんだアレ?ギターの方はちょっとノイズがあるけどこれは取れそうな感じなのであまり問題は無いか?

総合的な評価としては ? といった感じではあるけど値段を考えると冒険してもいい頃。なんて思ったものの最大の問題点は Mac用VST って、俺Mac持ってないよ!!

関連エントリ:(↑新 古↓)
関連記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Comment
※コメントスパム防止の為半角httpと全角wをNGワードに設定してあります。






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
http://nekomimya.blog28.fc2.com/tb.php/170-970b5ef6
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ表示設定
横:
縦:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

寝込み屋(nekomimya)

Author:
寝込み屋(nekomimya)
twitter:
寝込み屋(@nekomimya)

リンクはご自由に。外すのもご自由に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
ブログ内検索(Google)
※要JavaScript、別ウィンドウで結果表示
ブログ内検索(FC2)
※検索結果が表示されないことがあり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近の記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FC2リンク
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    FC2カウンター
    閲覧者数合計


    現在の閲覧者数
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最近の画像
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    検索フォーム