池田信夫の「サイバーリバタリアン」第37回 「第5権力」としてのウェブ
総務省の「デジタル・コンテンツの流通の促進等に関する検討委員会(デジコン委員会)」は9月26日、地上デジタル放送のB-CASを見直すことを決めた。6月にまとめられた第5次答申では「消費者や権利者の立場からB-CASについてさまざまな指摘が行なわれた」ことを理由に廃止の方向を打ち出している。放送局も反対していないので、B-CASの廃止が事実上決まった。
ようやくB-CAS廃止まで辿り着いたのか?と。(追記参照)
ソースがB-CAS批判の急先鋒であった池田信夫の記事だけなのでちょっと心ともないとは思うものの、希望的観測だけでこのような記事を書くとも思えないのでおそらく本当なのだろう。(追記参照)
本当だとすれば、地デジコピー管理主体のDRMの廃止はこれから先も無いだろうと思ってフリーオを買ってしまった私は、さしずめ2011年地デジ本格移行チキンレースの敗者ってところだろうか。
デジコン委員会では、これまで一貫して放送局・権利者団体の意向にそって審議が実施されてきたが、ウェブではB-CASに反対の意見が圧倒的だった。これを受けて公正取引委員会が、独占禁止法違反の容疑でB-CAS社などの事情聴取に乗り出したことが流れを決めた。結果的には、ウェブの世論が総務省の「業者行政」を押し切ったわけだ。
えっ、公取いつB-CASに事情聴取してたの?ニュースになってなかったよね? と思ってぐぐるさんにお伺いをたてたら、目に付くところではやっぱりみんな「えっ?そんなのいつしてたの?」と。

B-CASが独禁法違反でB-CAS廃止が実際に行われるとすれば、B-CASシステムを利用して国内視聴者の映像機器の囲い込みを行っていた東芝・パナソニック(松下電器産業)・日立製作所等はどういった責任をとってくれるのだろうか?(Wikipedia ビーエス・コンディショナルアクセスシステムズの出資者(株主)参照) なんて思ってはみたものの、公取からB-CAS社がペナルティを受けたとしても、これらのメーカーは知らぬ存ぜぬなんだろうな。

それはそれとして、この記事には著作権の期限延長が見送られたことも書かれていて、ちょっといい気分。でも、現状の作者の死後50年という著作権保護期間でも長いとは思うんだけどね。

200810080330追記:
おっと、まるも先生の10月7日の日記では
ASCII.jp の【「第5権力」としてのウェブ】[URI] で B-CAS 廃止が確定したかのような記事が出ていますが、問題の委員会を傍聴している立場としては、そんな流れはこれっぽっちも伺えませんでした。
な、なんだってー!!
まるも先生の言うことなら間違いない。 これは池田信夫の「そういうことにしたい」作戦か。ぬか喜びさせやがって。 でも「ひょうたんから駒」という言葉もあることだし、「そういうことにしておきましょうか」。

200810090206追記:
上の追記の日付が間違ってたので修正。(200810090330になってた)
関連記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Comment
※コメントスパム防止の為半角httpと全角wをNGワードに設定してあります。






(編集・削除用)

 

管理者にだけ表示を許可
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
http://nekomimya.blog28.fc2.com/tb.php/136-e3222a8e
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ表示設定
横:
縦:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

寝込み屋(nekomimya)

Author:
寝込み屋(nekomimya)
twitter:
寝込み屋(@nekomimya)

リンクはご自由に。外すのもご自由に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
ブログ内検索(Google)
※要JavaScript、別ウィンドウで結果表示
ブログ内検索(FC2)
※検索結果が表示されないことがあり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近の記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FC2リンク
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    FC2カウンター
    閲覧者数合計


    現在の閲覧者数
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最近の画像
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    検索フォーム