animate_radio_list_user.js 上記リンクを「名前を付けてリンク先を保存」等でファイル名を animate_radio_list.user.js に変更(userの前の _ アンダースコアを . ピリオドに変更するだけ)してローカルに保存後、Firefoxにドラッグ&ドロップでインストール開始。

ウェブラジオ - アニメイトTV で、ウェブラジオのID1~3000のリンクを表示するGreasemonkey用スクリプト。
アニメイトTVページの下部に、ID番号でラジオへのリンクが表示される。 そのリンクをクリックすると右下のiframeにラジオのasxファイルが読み込まれる。
asxファイルがメディアプレイヤーに関連付けしてあって、noscript等でブロックしていない場合はそのまま再生が開始される。 ブロックしている場合は www.animate.tv や media.animate.tv のブロックを解除して再読み込み・聞きたいラジオのリンクをクリックで聞けるようになるはず。
連番で生成してるだけなので、必ずしもそのIDにラジオが存在するとは限らない。ラジオが存在しないリンクをクリックした場合には右下のiframeにFAQが表示されるので諦める。

いくつか聞き逃したものがあってID直接指定で聞こうと思ったのだけど、animate.tv のリファラが無いと弾かれるので http://www.animate.tv/radio/ ページに直接IDリンクリストを生成して聞こうと思って作った。
以前のラジオへのリンク形式は連番では無かったのでこの方式が出来なかったのだけど、何時の間にか一応連番形式になってたので連番で生成することに。

リンクリストだけでは内容がわからないので、IDに対応してツールチップで内容を表示できるようにしてある。その設定はGreasemonkeyスクリプトを編集して行う。表示するテキストの設定は以下。
////// ユーザー設定開始 //////
//// リンクするID数 ////
rid_min = 1;
rid_max = 3000;

//// リンクにポップアップ表示するテキスト ////
//// id_title[(ID番号)] = '放送タイトルなどのテキスト';
id_title[671] = '『鉄のラインバレル』Webラジオ鉄のラジオバレル 2009\/\03\/19放送分';
id_title[672] = 'さよなら絶望放送 [第97回] 【ポストエロコジストは二度ベルを鳴らす】 2009\/\07\/22放送分';
id_title[673] = 'さよなら絶望放送 [第98回] 【九時から誤字までの男】 2009\/\07\/29放送分';
id_title[674] = 'さよなら絶望放送 [第99回] 【非情怪談】 2009\/\08\/05放送分';
id_title[675] = 'さよなら絶望放送 [第100回] 【πの悲劇】 2009\/\08\/12放送分';
id_title[676] = 'さよなら絶望放送 [第101回] 【リタ・ヘイワースの陪審】 2009\/\08\/19放送分';
id_title[1150] = '『狼と香辛料』Web Radio「小清水亜美・福山潤のオオカミックラジオ」 2009\/\08\/26放送分';
id_title[1151] = 'さよなら絶望放送 [第102回] 【セミングウェイごっこ】 2009\/\08\/26放送分';
id_title[1152] = 'Suara『キズナ』動画コメント';
////// ユーザー設定終了 //////

青字の部分にID番号、緑字の部分にツールチップで表示するテキストを入力する。

念のため、リンクを生成するID数も設定できるようにしてある。 初期設定で、開始 1 (rid_min) 終了 3000 (rid_max)となってるけど、重い場合は減らしてみるとかするといいかも。 ちなみに、id:2500 id:2501 id:2502 は現在のところラジオが存在しないので、これ以上のIDにはラジオが存在しないかもしれない。
id_title の設定はしなくても問題はないが、設定してある場合、リンクの横に「*」が表示されるようにしてある。

20090915追記:
有効なリファラが変更されていることを確認。
「ユーザースクリプトを実行するページ」に各ラジオのページを追加して、各ラジオのページから聞いて頂戴。
それと、過去コンテンツはいくつか聞けなくなってる。やっぱりいつまでも残ってないのか。 つーわけで、あんまり役に立たないなぁといった感じだけど、各ラジオのページから別ラジオを呼び出すことは出来るので「何が聞けるかな?」的な楽しみはまだ残ってる。ということにしておこう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10年くらい前に購入してずっとメインで使用していた19インチCRTディスプレイ EIZO FlexScan E67T が、PCに電源を入れても10分位映らないという辛い状況になってきたので泣く泣く新しいディスプレイを購入することにした。
またまたamazonで iiyama 25.5インチワイド液晶ディスプレイ PLE2607WS を注文。深夜というか早朝注文し、帰宅したら届いていた。 黒猫の「お急ぎ便」便利。 お値段は諸々含めて¥28,208也。

26インチ級のディスプレイとはいっても液晶なので最大解像度は24インチ液晶と同じ1920x1200と、 19インチCRTの2048x1536より狭くなってしまって非常に残念なのだが、手ごろな値段で購入出来る物ではこれ以上の解像度が見当たらないのでしょうがない。

まず、繋いでみて思ったのが「まぶしい」。
CRTではちょっとブライトネスを落として使っていたものの、標準状態よりそれほど変えていたわけではなかったのだけど、この液晶ディスプレイの初期設定は異常なほどまぶしかった。
初期設定では、コントラスト 70 / 輝度 100 / カラー調整 通常 だったのを コントラスト 73 / 輝度 15 / カラー調整 暖色系 に変更し、CRTに明るさ・色味を近づけて使うことにしたが、 彩度の調整が出来ないので明るさを落とした分だけ再現度が落ちることになる。どうしたもんかね。

で、動画を見てみると、H.264はそれほどでもないがDivxにエンコードしたものは中間色あたり特に人の肌色あたりに落ち着きがない。
CRTで見ていたときは許容範囲だったモスキートノイズ・ブロックノイズが気になるレベルになってしまった。 これはディスプレイの画面サイズが大きくなったことが一番の要因だと思われるが。

普通に使ってみると、ブラウザで文字サイズを小さくしている人の気持ちが初めて理解できた。 画面サイズに比して解像度が低いので文字が大きく見える。
この25.5インチ液晶と19インチCRTとの画面の縦幅を比較すると、
  • 25.5インチ液晶 …… PSPの横幅2台分
  • 19インチCRT …… PSPの横幅1.5台分
かなりの差がある。

ゲームをする時の肝心要、応答速度については問題なし。
久しぶりに永夜抄をプレイしてみたけど、クリアできなかったのはこの液晶ディスプレイのせいではないだろう。
地味だけど重要な4:3表示モードがあるので、横にびろーんと広がった画面でプレイしなきゃいけなくなることもないが、ボタン一つで切り替えられるほど親切でもない。

総合的な感想としては、まあまあかなといったところ。
CRTよりも絵的な自然さと解像度は減ったものの、 画面サイズや可動性は大幅に向上した。 あちらをたてればこちらがたたず。 手ごろな値段で2560x1440が表示できる液晶ディスプレイでないかなー。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Sound Forge Pro 10 が9月の25日に発売されるらしい。アップグレード案内が来ていた。

[主なバージョンアップ内容]

  • ディスクアットワンス(DAO) CDバーニング機能の搭載 : CD制作がよりスムーズに。
    (細かい設定を行えるCD Architect ソフトウェアも引き続き同梱されています)
  • イベント単位の編集 : 編集をより柔軟に、素早く詳細に。
  • elastique Pro タイムストレッチ & ピッチシフト搭載 : タイムストレッチとピッチシフト時の音質が飛躍的に向上。
  • インタラクティブチュートリアル搭載 : 使い方をソフトウェア自身が教えてくれる便利な機能。
  • iZotope 社製 64-bit SRC(サンプルレイトコンバージョン) & MBIT+ dither(ビット変換)搭載 : オーディオ変換時の最高の音質を提供。
  • Musical Instrument File の処理 : ソフトシンセ用ファイルにも柔軟に対応。
  • iZotope 社製 Mastering Effects Bundle 2 搭載 : mastering EQ、Mastering Reverb、 Multiband Compressor、Mastering Limiter、 Stereo Imager、 Harmonic Exciter (約$300 分)
製品に関する詳細は9月以降に弊社のホームページに掲載予定です。
8月28日時点ではまだページは上がっていない。多分ココだろうとあたりをつけたリンク Sound Forge 10
同じくHookupの アップグレード製品一覧 にはまだ Sound Forge Pro 10 は掲載されてないが、そのうち9が10に変わるのだろう。
一応、SONY の Sound Forge ページ も確認してみたけど 9 のままだった。

アップグレード価格は
[平成21年10月31日までの優待販売アップグレード価格]
商品名 価格
旧 SOUND FORGE → SOUND FORGE PRO 10 \15,750
旧 SOUND FORGE AUDIO STUDIO → SOUND FORGE PRO 10 \29,400

[平成21年11月1日からの優待販売アップグレード価格]
商品名 価格
旧 SOUND FORGE → SOUND FORGE PRO 10 \26,250
旧 SOUND FORGE AUDIO STUDIO → SOUND FORGE PRO 10 \34,650

商品名 価格
AC-3 PRO エンコーダー (旧SOUND FORGE9 PROのエンコーダーと同一のものです) \18,900
安いか高いかの判断は各々によって違うだろうと思うけど、 個人的にはピッチ編集関連の音質がどれだけ良くなったかで評価がずれる。
優待の\15,750でまずまず妥当かちょっと高めあたり。優待じゃないアップグレードの\26,250だと高いと感じるかな。
ちょっと調べてみたら、ピッチ編集のelastiqueというのは既に ACID Pro 7 には搭載されていて評判がいいらしい。 デモビデオ zplane Elastique を見る限りでは良さそうに聞こえる。けど、こういうのは実際に使ってみないとわからんな。
ピッチ編集関連以外のバージョンアップ内容はあまり魅力を感じないから、アップグレードするかどうかは微妙な線。
「Musical Instrument File の処理」という機能が気には掛かる。何をする機能なんだろう?
というか、そろそろ CD Architect を同梱するのやめませんか? 使わないし、外してもうちょっと安くした方がユーザー増えそうな気がしないでもないかもしれない。

20090902追記
ソニクリでPRO 10 販売開始。Sound Forge Pro 10 概要
日本代理店のhookupはアップグレードだけ開始。 SOUND FORGE PRO 10
ソニクリの方は優待アップグレードしてないのかね?ユーザー登録してる人だけに案内してるのかな? というかソニクリ何時の間にか日本語表示されてるじゃん。 俺が気付いてなかっただけ? まあいいや、頑張りが伝わってきてすごく好感持てるよ。でもHOOKUPの立場は~?って話ですな。

というかというか、夕方、まだHOOKUPではアップグレードのページでPRO10申し込めなくて、 どうやって申し込むの? ユーサポに聞いてみよう……電話受け付け17時までジャン。もう17時過ぎてるよ……。
メール受付はユーザー登録したメールアドレスのみ?いや登録したメアド自分のじゃないし……どうすんの?
なんてドタバタして損したよ!!

関連エントリ:(↑新 古↓)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
PSPの ARMORED CORE 3 Portable を借りてプレイ中。
PS2の ARMORED CORE 3 はそこそこやりこんだので、勝手知ったるなんとやらで楽勝ですよ♪なんて思っていたら、 コントローラのボタン割り当て撃沈。 だってボタン足りねーじゃん。
PS2版では、
  • L2R2で視点上下移動
  • L3R3でOB/EOとエクステンション
だったと思うけど、 ポータブルの場合PSPにはL2R2L3R3が無い為、
  • △○で視点上下移動
  • 方向キー上で右手武器切換え
  • 方向キー右でエクステンション
  • 方向キー下で左手武器使用
  • 方向キー左でOB/EO
といった感じで無理やり方向キーに押し込められてる感じだ。
PS2版の操作方法でないと混乱するので、視点上下移動を諦めて
  • △で右手武器切換え
  • ○で左手武器使用
  • 方向キー上下で視点上下移動
  • 方向キー右でエクステンション
  • 方向キー左でOB/EO
といった設定でプレイしているけど、視点移動が移動中に行えないので空中戦が出来ないという困った事態に。

もう一つ困ったことに、不要武器のパージが出来ない。
パージは、左右移動+視点上下移動+パージしたい武器のボタン(右手武器の場合は武器切換えボタン)なので、上下視点移動を方向キーに割り当ててしまうと構造的に同時押しが出来なくなるので、 「KEY ASSIGN」画面で「DISABLE」と表示されてしまう。任意のボタンの組み合わせを設定出来ればよかったのに。

ゲームのUIは見た目にかなり変わってるというか別物。
PSPで見やすくする為だろうか、全体的に平面的になっている。 以下参考。 どうでもいいことだけど、AC3ポータブルで初めて「装備解除」を見たとき思わず笑ってしまった。工事現場のガムテ文字に見えるよ!!

ゲームプレイの感想はコントローラ設定関連を除きよく出来てると思う。 PS2版と比べても今のところ遜色ない出来に思える。処理落ちも発生してないし。 とはいってもまだ序盤。ARCHIVEMENTは21%でARENAのランクはC-1程度。
PSPの液晶画面の小ささの問題で、弾が見えにくいのが問題と言えば問題だけど、 これは同種のゲームに付きまとう問題だしなー。

こんな感じで、最近はPSPでアクション系のゲームをする頻度が激増しているので、 早いうちにボタンがへたりそうだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前会社で音声合成関連の話でちょっと盛り上がったのを思い出して、ちょっとしらべてみた。 ウェブ上でサンプルを聴けるものを中心に集めてある。 大規模コーパスを使用していると思われるエンジンは結構自然に聞こえるが、合成音声ではないと思えるほど完璧でもない。個人的に注目してゆきたいと思ったものは、ペンタックスの VoiceText SAYAKA と株式会社エーアイの AItalk 。
上記文中で(自分のFirefox環境では動作しなかった)と書いたものは、IE6で合成音声サンプルを確認したもの。

以下おまけ。

関連エントリ:(↑新 古↓)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
まだまだプレイしている初音ミク -Project DIVA -。 「初音ミクの消失」HARDでのPERFECTをコンスタントに出来るようになるように特訓ってわけでもないけど一日に一回はPERFECTといった感じでプレイしていたら、メインで使っているPSP-3000(シルバー)がUMDをロードしなくなった。どうやらピックアップが動かなくなったらしく稼動範囲の真ん中らへんで止まったまま。
修理に出そうかなぁ、なんて思いつつサブのPSP-2000で消失プレイしていたら、ボタンがかなり反応しなくなってきた。やっぱりボタンに連打は鬼門だよ。

サブのPSPもいかれてしまったので、修理に出しても帰ってくるまでゲームがプレイできなくなる。 いかれてしまったPSP-3000の色が気に食わなかったこともあり、 思い切ってPSPの緑をamazonでぽちっとなした。
ついでに、以前からデジカメが欲しかったので Xacti DMX-CG10 もぽちっとな。 Xactiはデジカメではなくムービーカムだけど、静止画も動画も撮れる(メインは動画)ということで選択した。
朝注文し、昼間寝て、夕方起きたら届いてた。さすが黒猫。

そのXactiで撮った画像。

と動画。

初音ミクの消失 HARD PERFECT (手)【Project DIVA】

http://www.youtube.com/watch?v=DvG0p6p1kz4&fmt=22 (HD 1280x720) 無駄にHD(1280x720)なんだけど、撮ったままをアップロードしたら暗い。向きも逆。音量も小さい。

以下修正版。

初音ミクの消失 HARD PERFECT (手)【Project DIVA】修正版

こっちは480x270にリサイズしてしまったのでHDではないけど、 明るさ・上下左右反転・音量アップの修正をしてある。

Xacti DMX-CG10を使った感想は、かなりいけてる。 2万円と比較的安価に買えるHDムービーカムなのに結構まともに映る。 マニュアルをまだ読んでないので明るさの調整がよく分からなかったが、 商用ほどのクォリティを要求していないことと後で編集することも考えると あまり気にならないかも。(ホワイトバランスあたりで調整するのか?)
欲を言えば、HDでも60fpsで録画できればと思ったけどまあこれはしょうがない。

20090814_1435追記:
Xactiのリンク先が抜けてたので追加した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
久しぶりにPSPのインフォメーションボードを見てみると、 「ビデオコンテンツ各作品エピソード追加」という項目が。 何時の間にか、有料ビデオコンテンツの配信サービスが始まっていたらしい。
これはかなり嬉しいサービス!と喜び勇んで PlayStation Store の ビデオページを探検しまくったものの、 配信されているコンテンツは既に見たことのあるものか興味の無いもののどちらかに当てはまるものが大半。Z劇場版はまだ見てないので(見てないのかよ!)見たいかなと思ったけど、レンタルで450円はちと高い。 蟲師は歯抜けでしか見てないのでこれも見たいかなと思ったけど、見てない話数が分からないのでちょっとハードル高し。全話レンタルすると200*26=5200円だもんなぁ。

現状のビデオタイトルを覚書。
  • テレビシリーズ:43タイトル
  • 特番・オリジナル:26タイトル
  • 劇場公開:13タイトル
計82タイトル。まだまだこれからといったところか。 テレビシリーズは最近のメジャーな作品比率が高い。ちょっと古めでマイナーな作品が増えてくれれば見る機会もあるだろうと思うけど、現状のラインナップだとあまりお世話になる機会は無さそうだ。
「特番・オリジナル」にOVAがラインナップされているみたい。こちらのコンテンツの拡充に期待か。

同様に、インフォメーションボードを見ていて「クルトン(体験版)」が気になったのでダウンロード。プレイしてみて連鎖が楽しかったので即購入してしまった。体験版には起動時間制限があり。
で、はまってプレイしていたものの、連鎖の奥が浅い。 プレイ初日で29連鎖が出てしまった。(最大連鎖がおそらく31連鎖) 消える予定のブロックが連鎖中は消えないので連鎖数が制限される。 一定時間で消滅・新ブロック出現するようになっていれば徒然なる連鎖が出来てより楽しめたんじゃなかろうか。
そんな感じで、一日で飽きてしまった。ちなみに1000円也。

youtubeでよいプレイを探してみた。

クルトン -QRUTON- 31COMBO

クルトン -QRUTON- Time Attack

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夏コミを前にして、 eXceed3rd-JADE PENETRATE-BLACK PACKGE Downloadページで体験版が公開されていたのでプレイ。

斑鳩でいう「力の解放」のような特殊攻撃「バーンエアレイド」が追加されたので試してみる。
前作ではカスリという概念が無かったので、カスリでバーンエアレイドのゲージが溜まるのが好印象。 で、このバーンエアレイドを発射してみると何故かうまく敵に当たらない。 ターゲットとの距離が近いとホーミングの旋回半径の範囲外で当たらないっぽい。 これが仕様なのか体験版以降で調整が入るのかは不明だけど、 敵ボスに張り付いてカスリ稼ぎ→バーンエアレイドといった感じの攻撃が行いにくいのはストレスが溜まる。

ステージ1~3をプレイした感想は「地味だな」。 地味なのが悪いってわけではないけど、背景が印象に残らないってのがこうも寂しいものだとは。 実用部分では背景パターンによって、ザコ敵のパターンを思い出すということが出来ないといったところか。シューティングとしては面白そうなので個人的には問題はないけど。
前作無印3rdより負荷が上がったようで、P4-2.6G GF-FX5200構成のPCで処理落ちが大きくなった。プレイ出来ないほどではないけど。
体験版だからだと思うけど、フルスクリーンでのプレイが出来なかった(ウィンドウモードのみ?)。

ちなみに、 天然素材オフィシャルサイト によると
場所    東京ビックサイト
日程    8月15日 10:00~16:00
ブース  東地区 T-50b 天然素材
頒布物 	eXceed3rd-JADE PENETRATE-BLACK PACKAGE 体験版(C76版)
        全てのステージ(全5面)をプレイできます。
        エクストラステージおよび、その他の追加要素は実装されていません。
        価格:200円
ということらしい。コミケに行くつもりはないので店売りまで待つしかない。

関連エントリ:(↑新 古↓)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今週は仕事休み。なので久々のネット三昧・ゲーム三昧をしていた。ゲーム三昧については別エントリで書くつもり。

まったく不可解な構造、米海軍研究所の実験航空機 を見て斜め翼機AD-1を思い出し、そのままwikipediaの旅へ。
可変翼全翼機を基点として といった感じでぐるぐると見て回っていた。2日間程ウィキペ漬けになってこいつはイカンと思ってやめた。まだまだ航空機関連は面白いページが残ってるんだけど。
可変翼 衰退の理由が興味深い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
multiwhois_google_link.user.js 上記リンクを「名前を付けてリンク先を保存」等でファイル名を multiwhois_google.link.user.js に変更(userの前の _ アンダースコアを . ピリオドに変更するだけ)してローカルに保存後、Firefoxにドラッグ&ドロップでインストール開始。

Multi-whoisの検索結果ページで、表示される「組織名」の文字列でGoogle検索するリンクを追加するGreasemonkey用スクリプト。 Multi-whoisの検索結果
上記画像の例は、Multi-whoiswww.yahoo.co.jp 検索した結果のスクリーンショットだけど、「やふーかぶしきがいしゃ」「ヤフー株式会社」「Yahoo Japan Corporation」の後ろに表示されている 【Googleで検索】 と書かれたリンクがこのスクリプトで追加されたもの。
日本語表示されない場合には少々面倒だったので、フォント指定が赤の文字もGoogleで検索するリンクを追加するようにしてある。ので余計な所にもリンクが追加されるけど、気にしない気にしない。

Googleで検索する際にそのウィンドウでページを開くか別ウィンドウでページを開くかの設定を、スクリプトを編集することによって切換え可能。
///// ユーザー設定
// 検索リンクを同じウィンドウで開く mg_open_win_sts= 0;
// 検索リンクを別ウィンドウで開く mg_open_win_sts= 1;

mg_open_win_sts= 1;

///// ユーザー設定終了
赤の数字部分を0にすると別ウィンドウを開かない、1にすると別ウィンドウで開くようになる。

あー、いいかげん addEventListener を覚えなきゃいかんなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ表示設定
横:
縦:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

寝込み屋(nekomimya)

Author:
寝込み屋(nekomimya)
twitter:
寝込み屋(@nekomimya)

リンクはご自由に。外すのもご自由に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
ブログ内検索(Google)
※要JavaScript、別ウィンドウで結果表示
ブログ内検索(FC2)
※検索結果が表示されないことがあり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近の記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FC2リンク
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    FC2カウンター
    閲覧者数合計


    現在の閲覧者数
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最近の画像
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    検索フォーム