Simple calc と ファイルサイズ単位変換
単純でメモリー機能が付いた計算機と、ファイルサイズの単位変換(MByte→gbitなど)をラクに計算するための計算機などです。
ちょっとサイズが大きいので別ファイルにてアップロード。

機能の概要は以下に。
Simple calc
()括弧で優先順位を指定したり、,コンマ付きの数字のまま計算したりする計算機です。メモリー機能付き。詳しくは「Help 1」ボタンを押すと解説が表示されます。
ファイルサイズ単位変換
bit(ビット)からbyte(バイト)へ、m(1000で繰り上がるメガ)からM(1024で繰り上がるメガ)等のファイルサイズをラクに計算するための計算機です。こちらもコンマ付きの数字が使えます。
補足:HDDで表記されている容量は1000で単位が変わる(10,000 mByte = 10 gByte)けど、 OS上では1024で単位が変わる(10,240 MByte = 10 GByte)ということになっているらしい。例えば、容量1TByteのHDDをPCに付けたら930GByte位しか無いよー、の主な理由はこれ。
サンプルカウンター
あまり意味は無いです。特殊な用途向き。28で割った余りを算出します。

20080309追記:
恥かしい間違いを訂正
(10,000 mByte = 1 gByte) → (10,000 mByte = 10 gByte)
最近では、1000単位と1024単位の区別のために i をつけるらしいです。
(10,240 MiB = 10 GiB = 10.737,418,24 GB)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
昨日、というか27日21時50分頃から、千葉みなと駅での信号トラブルで京葉線が一時運転見合わせをしていたらしい。 それを知らず、いつもの通りに仕事を終えて新木場に到着すると電車が動いておらず、待てど待てども電車が来ない。
それでもしばらく待っていると、ようやく武蔵野線だけ動き出したので武蔵野線に乗ったら、途中の停車駅で車掌さんにいちゃもんつけて、さらに電車を遅らせるオヤジが現れる。
周りの乗客が生暖かい視線で見守る中、がなり立てるオヤジ。 途中車掌さんの秀逸な返しに怯むも(オヤジ「~おかしいだろ!!あーん!!?」、車掌「はい!!私もおかしいと思います!!」(短くハキハキと)、オヤジ「……(沈黙)○×△(聞き取れない)そうだろう?~」)、なんとか言いたいことを言い終りどこかえ去ってゆくオヤジ。
そんなイベントも終り、西船橋に着いたのが23時50分くらい。 もう、家に帰ることが出来ないので、友人の家に転がり込んだ。

後になって知ったけど、千葉みなと駅でのトラブルなんだから最初から武蔵野線だけでも動かしてくれれば、総武線経由で帰れたのに、こういう公共交通機関というものはいつもの通り対応が遅い。
京葉線はよく遅れるので、いつも列車運行情報はチェックしてるんだけど、21時くらいまでしかチェックしてなかったんだよね。悔しい。
それにしても椅子で寝たので背中が痛い。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
高画質の動画共有サイト「Stage6」が2月28日でサービス終了へ--運営コストをまかなえず[japan.cnet.com]
ものすごく寝耳に水というか、なんというか。
数回程度利用したことがあったけど、それっきり。画質がいいのでいつかはちゃんと(?)利用したいなぁと思いつつ、回線が不安定なので利用してなかったステ6。こんなかたちで終了とは……。

一応書いておくと、「成功しすぎて運営費がかさみすぎる」という話らしいけど、逆にいえば、Stage6のサービスはDivXコーデックの売上には貢献していなかったってことなのかね。 って、そりゃそうか。極一部のアップローダーと大多数のダウンローダーって構図だろうし、アップローダーだって、有料のコーデックを使っている人間がどれだけいることやら。 スポンサーはいるのかわからないけど、広告もないみたいだし。

まあDivXはコーデックでこれからも頑張ってもらうとしても、Stage6の代わりのサービスってのが思いつかないってのがちょっとさびしいかも。探せばあるのか?
あとおまけ Stage6 日本語機械翻訳
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
つい先日リリースされた AviUtl version0.99c2 と マルチスレッドAVI出力プラグイン version0.01 (avi_save_mt.auo) を Pentium DualCore E2140 (2.66GHz AsRock 2core1333-2.66G) PCで使用してみた。
以下、シングルスレッドとマルチスレッドを比較した動画エンコードのベンチマーク。

AviUtl マルチスレッドベンチマーク
0.99 0.99c2
Multi thread
高速化度 時間比
VOB(DVD2AVI経由)
to Avi(DivX)
720x480 to 640x480
動画の長さ 113分40秒
95分14秒
(5714秒)
64分28秒
(3868秒)
約1.48倍 約68%
m2p to Avi(DivX)
720x480 to 640x480
動画の長さ 141秒
2分49秒
(169秒)
1分24秒
(84秒)
約2.0倍 約50%
m2p to Avi(DivX)
720x480 to 640x360
動画の長さ 42分45秒
49分39秒
(2979秒)
43分12秒
(2592秒)
約1.15倍 約87%

141秒の短い動画のエンコードでは2倍という結果が出て、おっ!と思ったのだけど、42分45秒のドラマのエンコードでは1.15倍と振るわなかった。ドラマの方はノイズ低減フィルタをきつめに掛けてたのでそこらへんが影響したのかも。
VOBからDVD2AVI経由でのエンコードは、だいたいの期待通りの結果。

総合して考えると、動画のエンコードの部分はマルチスレッド処理されるけど、フィルタ関連はマルチスレッド処理されていないように思える。 そうなると、DVDソースなどのフィルタ処理が少ないものに関しては高速化が期待できるけど、アナログ地上波ソースなどのフィルタ処理が多く必要になるものに関してはあまり高速化しない、といった感じなのかね。

あと、プラグインのAVI出力(マルチスレッド) version0.01 (avi_save_mt.auo) は ver.0.99 でも使えそうな雰囲気。試してないからわからんけど、時間があったら試してみようと思う。

20080224_1217追記:
フィルタ関連は、本体がマルチスレッド処理するようになっても、プラグインの方がマルチスレッド処理するようになっていないとおそらくダメなんですな。
となると、今更ノイズ低減等をマルチスレッド処理するように書き直すとはあまり考えられないような気がするので、ノイズ低減を掛けた場合のエンコード時間の短縮はあまり期待出来なさそう。

20080302追記:
動画エンコードベンチマーク関連エントリのリスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
数字部分を加減してURLを開くスクリプト
数字部分加減URLジェネレータ 前固定部:
数字部分:  後固定部:
数字部分に足す(引く)数値:

URLを開くウィンドウ:
openURL:

使い方は……見たとおりです。
“前固定部”にURLの数字より前の文字列を入力。
“数字部分”に開始数字を入力。
“後固定部”にURLの数字より後の文字列を入力。
“開く”ボタンを押すとURLが別ウィンドウで開きます。
開くウィンドウの設定は“URLを開くウィンドウ”のセレクトリストで選択したものになります。 ウィンドウは最初は新規で開きますが、設定数開いた後はそのウィンドウを使いまわします。

なぜか久しぶりにウェブを探検する必要があったので作成したスクリプト。
昔はどうやってたんだっけなー?と思い出してみたら、iriaで(なつかしー)連番URLリストを生成して、それをテキストファイルにコピーしてURLを開いてたのを思い出した。
しかしそれだと、iriaが無いとできないし、ウィンドウ1~5に順番にページを開いてゆく(win1→win2→win3→win4→win5→win1→win2……のようにウィンドウを使いまわす)ことができない。
同様に、Firefox アドオン や他の人が作ったスクリプト等でも、このウィンドウを使いまわす機能があることを期待するのは難しいかなーと思ったので探さずに作ってみた。

20090112追記:
3秒だと長いと感じることもあるので1秒にした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  • 録画用PCからエンコード用PCにTVチューナーカードを差し替えて録画兼エンコード用PCにする。
    元録画用PCはHDDとSATAカードを集めてファイルサーバにする?
  • ブログのテンプレートの変更。
    借り物の人様のテンプレートはやっぱり知らないことが多すぎて、いじる度に問題が発生してストレス溜まる。
  • AviUtl version0.99c2 の環境構築と動作チェック。
    マルチスレッド待ち遠しい。
  • MediaCoderの使い方を把握する。
    昔使った時にはPSP用の設定で何やらいろいろいじっても綺麗にエンコードできなかったけど、最近のバージョンではそれなりに上手くいくようになったみたい。が、720x480設定が見つからない。細かいところから設定しないといけないらしい。
  • CSI :ニューヨーク のエンコード
    CMカットがめんどくさくて見ないで溜めていたけど、辛くても惰性で見ていた深夜アニメを続々と切ったので、電車の中で見るビデオが不足気味になってきた。
時間が足りないような……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジャンプURLカッター

 
  

    


URLが
http://blog.fc2.com/?jump=http%3A%2F%2Fnekomimya.blog28.fc2.com%2F
のような、どんな意図なんだかよくわからない怪しいリンクの場合があったりして、 そのままリンクを踏みたくない時用に作ったスクリプト。
URLがエンコードされて無い場合はコピペ→カットすればいいんだけど、エンコードされている場合には結局デコードするためにスクリプトを使用しないといけないから、だったらカッターもおまけにつけちゃえ!!的発想。
カットする文字列と、何番目に出現した文字列でカットするかが変更できるので、他の用途にも使えるかも?(本当か?)

20080227追記:
 (半角スペース)と ? (%u200B 該当文字は表示できないらしい) を削除する機能を追加。
常にこの機能が有効になっています。
またセレクトリストの空白欄を選択するとこの機能のみを使用できます。
あと、指定文字列も含めて削除する機能も追加。

20080229追記:
“カット”ボタンを押した時に指定ウィンドウでURLを開く機能を追加。
セレクトリストから“新規”を選択した場合は、新規ウィンドウに、“win1”を指定した場合はwin1に(win1が開いていない場合は開く。“win2”“win3”“win4”“win5”も同様)、“win1~5”を選択した場合は”カット”ボタンを押すとwin1~win5に順番にURLを開きます。

20080306追記:
自動整列でwin1~win5を開く機能を追加。
それに伴い、“カット”ボタンを押した時に指定ウィンドウでURLを開く機能の一部を変更。
単体ウィンドウ指定は、新規とwin1のみで、他の設定の場合ローテーションで開くようになりました。
あと、カットしたURLの頭に、文字列 http:// を付ける機能を追加。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
しばらく更新が無かった&現状でそれほど不満が無かったのでチェックしてなかったAviUtl関係なんだけど、久しぶりにAviUtlのお部屋を見てみたら、ここ最近更新されてるのを発見。マルチスレッド対応という嬉しいアップデート。とはいっても、現状の環境が壊れるのも困るのでまだ使っていない。ちゃんと動くのなら乗り換えたい……と思っているのだけど、確認するための時間が無いというかめんどくさいというか。

あと、aviutl mp4で検索してこられた方のおかげで、AviUtlでmp4ファイルを切り貼りするためのプラグインがあることを知る。
seraphyのプログラム公開所MP4Pluginを使って、携帯動画変換君で出力したmp4(H.264)から一場面を切り出しすることができるようになった。今までは勉強不足の為、mp4が終着駅でそれ以上は編集することができなかったのだけど、これでお勉強する必要も無く、お手軽に切り出したり結合することが出来るようになる?のかな
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
動画関係計算機
動画を作成する際に時々必要になる計算をする為に作成した計算機を集めたものです。
ちょっとサイズが大きいので別ファイルにてアップロード。

機能の概要は以下に。
Clip 算出
指定した解像度を得る場合に、元映像のサイズから引くピクセル数を計算するものです。
アスペクト比固定での計算も出来るので、縦又は横の片方の解像度を指定した際にアスペクト比に従ってもう片方の解像度を算出する用途にも使えます。
Frame・時間 換算
フレーム数から時間、又は時間からフレーム数を算出することが出来ます。
時間加減算
hh:mm,ss.fff 形式で表記された時間を、足したり引いたりすることができます。
映像Bitrate・File size 算出
目的のファイルサイズでエンコードする際に設定するためのビットレートや、指定したビットレートでエンコードした場合に作成される動画のファイルサイズを算出することができます。
Event Counter
以前アップロードしたカウントダウン・イベントタイマーとは別バージョンのイベントカウンターです。
カウントダウン・イベントタイマーではカウントできるイベント数が5つまでという制限がありましたが、今回のものには制限がありません。その代わりに未完成で動作しない機能があります。
各計算機の使用法の詳細等は、その計算機それぞれに付いているボタン「使用法 表示」をクリックすることで表示することができます。もう一度押すと消えます。
一応、 Mozilla 1.5 で動作するように作成されましたが、Firefox2で正常に動作することを確認しています。
またIE6でも動作することを確認していますが、表示のされ方が多少違います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
javascript の getElementsByName メソッドを使って、指定したnameのオブジェクトリストを取得できるということになっているけど、Firefox2とIE6では少々動作が異なることに気が付いた。
具体的には、IE6の場合には特定のオブジェクト以外からは取得できないらしい。
<html>
<head>
<script type="text/javascript">
function firstload(){
 h3nameObj = document.getElementsByName('h3name');
 for(i=0;i<h3nameObj.length;i++){
  h3nameObj[i].style.color='red';
 }
}
</script>
</head>

<body onload="firstload()">

<div>
 <h3 name="h3name">1</h3>
 h3name
 <h3 name="h3name">2</h3>
 h3name
 <h3>3</h3>
 no name
 <h3 name="h3name">4</h3>
 h3name
 <h3 name="h3name">5</h3>
 h3name
</div>

</body>
</html>
上記サンプルでは h3name というnameが付けられたオブジェクトのフォントカラーを赤に変更する という動作をするが、IE6で実行した場合にはフォントカラーが赤に変化しない。 おそらく、ラジオボタンしか取得できないのだろう。ちなみにFirefox2の場合には正常に変化する。

200802180015追記:
IE7とOpera9.23でもIE6と同じ現象を確認。どうやらFirefox2が特殊なようだ?
あと、scriptでエラーが出る個所を修正。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今週になってから、20時以降になるともう疲れてしまって頭が働かない。 先週の風邪から体力が回復していないみたいだ。 アーマードコアで言うと、エネルギー残量がジェネレーターのコンデンサ領域分しかない感じ。熱量が高くてなかなかエネルギーが溜まらないみたいな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
sound forge 9.0e が10日にリリースされていたらしい。 休みだったのと風邪で寝込んでいたのとで全然気づかなかったが。 そんな訳で昨日恐る恐るアップデートしてみたけど、特に問題は無いみたいで一安心。 Acoustic Mirror と Wave Hammer のデモモード動作の問題も解決しているみたいで、プーともブーとも言わなくなった。
sfhammer.dll sfmirror.dll の作成・更新日時を確認してみると1月31日になっていて、現象発生時のものより新しくなっていた。これはやっぱりdllに問題があったってことでいいのかな。

関連エントリ:(↑新 古↓)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
主照明であった蛍光灯を付ける照明器具が壊れてしまった。
副照明でクリプトンライトがあるにはあるのだけど、フィラメントを発光体とする電球は蛍光灯と比較して寿命が短いという欠点があるので、これを主照明代わりとして使うにはちと辛いし。

そんなわけで、代わりの蛍光灯照明器具を親父に付けてもらったのだけど、これがやたらとうるさい。以前の壊れてしまったものもうるさかったがそれと比較してもうるさい。 聞けば「拾ったもの」とのこと。
インバータ方式のちゃんとしたヤツでも買わんといかんかねぇ。

まあ、蛍光灯器具はインバータにすればうるさく無くなるかもしれないとして、どうにもならないのがテレビというかディスプレイというか。いや、ディスプレイはそれほどうるさくも無いか。
テレビは、自分の部屋等の狭くて騒音源の少ない環境では点けると「キーン」と頭に響くツラさがあるけど、気付かない人は気付かないらしい。多分歳と共にうるさく無くなっていくか、気にならないように脳が自然と無視するようになるのだろう。まあ、一番うるさいのはPCだけど、こっちはそれほど耳障りではなかったり。
自分の部屋のテレビは昨年末に壊れてしまったので、今は「キーン」とすることも無く平和なものだけど、何が困るってPS2ゲームが出来ないこと。最後にプレイしたPS2ゲームが、ギャラクシーエンジェル II 無限回廊の鍵ってところがにんとも。いえ、もちろんいいゲームですが。
テレビに関しては今のところ購入予定が無いので、しばらくはPS2冬眠なのかなぁ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
動画エンコード ベンチマーク その1の続きというかおまけというか、720x480もPSPで再生できるらしいというのを知って、720x480もテストに含めてみた。
動画エンコード ベンチマーク その2
Pentium 4
(2.6GHz)
Pentium DualCore
E2140 (2.66GHz)
高速化度 時間比
Avi(DivX) to mp4(H.264)
704x396 to 368x208
動画の長さ 24分00秒
11分09秒
(669秒)
6分45秒
(405秒)
約1.65倍 約60%
Avi(DivX) to mp4(H.264)
640x480 to 362x272
動画の長さ 24分30秒
13分27秒
(807秒)
8分03秒
(483秒)
約1.67倍 約60%
m2p to mp4(H.264)
720x480 to 362x272
動画の長さ 30分00秒
26分39秒
(1599秒)
14分49秒
(889秒)
約1.80倍 約56%
Avi(DivX) to mp4(H.264)
640x480 to 640x480
動画の長さ 24分30秒
34分47秒
(2087秒)
12分54秒
(774秒)
約2.70倍 約37%
m2p to mp4(H.264)
720x480 to 720x480
動画の長さ 30分08秒
81分30秒
(4890秒)
43分57秒
(2637秒)
約1.85倍 約54%

avi640x480からmp4同解像度のエンコードが割に速かったりするけど、PSPでは再生できず残念。(-vlevel 30 設定)
m2p720x480からmp4同解像度のエンコードはかなり時間が掛かるけど、PSP上での再生でものすごく滑らかでびっくり。インターレースのままなのかプログレッシブ化してるのかはわからないけど60fpsの滑らかさで、インターレース30fpsソースの場合はなるべく使ってみたいなぁと思ってしまった。時間が掛かるから使わないだろうけど。
綺麗さとエンコード時間の兼ね合いを考えると、やっぱり480x272と362x272ってところに落ち着くんだろうなぁ。

20080302追記:
動画エンコードベンチマーク関連エントリのリスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
風邪だかインフルエンザだかわからないけど、寝込むこと三日。 その間、ジャンクの山を探検する夢にうなされたり(ZZ?)、トイレで気持ち悪さに耐えかねて気絶して気が付いたらトイレの床に顔面を押し付けていたり(意識を失ってから倒れたらしい。倒れた時の痛みで気が付いたわけではないところがちょっと怖い)、遠洋を航海するマグロ漁船のようなぐろぐろ感を味わったりと、寝込み屋という名前は縁起が悪かったかなぁと思うような状態だったのが、今はブログの更新なども出来るようになり回復傾向。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
時々、「体調管理も仕事の内だから」なんて話が出たりしますが……。
家に帰ってまで仕事をしたくない私は、どうやら風邪を引いてしまったようで、会社に居る間に結構辛い状態になってしまった。
今日は珍しく早く起きることが出来て、遅刻しなかったよ!なんて喜んでみたけど、雪は降るは風邪は引くは踏んだり蹴ったりですよ。まったく……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そういえば、新PCでエンコードをするようになって「エンコード速くなったなあ」とは思っていたものの、どれぐらい速くなったのかの確認をしていなかった。
今後の為にも、ベンチマークを採っておこうということで、新旧PC・同ファイル・同設定でエンコードした時の比較。
動画エンコード ベンチマーク その1
Pentium 4
(2.6GHz)
Pentium DualCore
E2140 (2.66GHz)
高速化度 時間比
Avi(DivX) to mp4(H.264)
704x396 to 480x272
動画の長さ 24分40秒
18分49秒
(1129秒)
11分02秒
(662秒)
約1.70倍 約59%
m2p(aviutl経由) to mp4(H.264)
704x396 to 480x272
動画の長さ 21分17秒
39分52秒
(2392秒)
25分00秒
(1500秒)
約1.59倍 約63%
m2p(aviutl経由) to avi(DivX)
704x448 to 704x448
動画の長さ 44分00秒
62分40秒
(3760秒)
45分48秒
(2748秒)
約1.37倍 約73%
m2p(aviutl経由) to avi(DivX)
640x416 to 640x416
動画の長さ 43分30秒
58分23秒
(3503秒)
38分42秒
(2322秒)
約1.50倍 約66%
上記4種の平均は旧PC・新PC比で約1.54倍の高速化で、約65%の時間ということになる。 って、思っていたより速くなってない……。

以下エンコード環境補足
  • エンコード元のファイルはLAN内の別のPCのHDDに格納されている。(ネットワーク越しにファイルを読み出しながらのエンコード)
  • mp4(h.264)へのエンコードは携帯動画変換君 Ver 0.34を使用。
  • m2pはaviutlでプロジェクトを作成し、そのプロジェクトを携帯動画変換君に読み込ませる形でmp4へのエンコードを行った為、直接m2pからmp4へエンコードするより遅いかも。
  • aviへはaviutlを使用しDivX5.1.1でエンコード。
  • Pentium DualCore E2140 が2.66GHzなのは、ASRock の 2Core1333-2.66G を使用しているため。(本来E2140は1.6GHz)
20080302追記:
動画エンコードベンチマーク関連エントリのリスト
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
CSSのプレビュー・取得

border rgb( )

margin
padding
width
height

background color inherit rgb( )

font family
font size
font color inherit rgb( )
テスト表示領域。
This area style
border:1px groove gray;
margin:0.2em auto; padding:0.8em; width:auto; height:auto;
この下にサンプルが表示されます。
The sample is displayed on this.
Sample area style

cssで表示整形するときには、表示を確認する為に「cssを書く→htmlファイルをを保存→ブラウザでそのファイルを開く(リロードする)⇒cssを修正→htmlファイルを……」(⇒からがループ)なんてことを大昔はしていたのだけど、そんなめんどくさいことはイヤダ!!ってことでちまちまと機能を拡張しながら作成していた「CSSのプレビュー・取得」スクリプト。
欲しいと思っていた機能を入れ終わったので、蔵出ししてみる。

ボックス領域の ボーダースタイル・ボーダーの幅・ボーダー色・マージン・パディング・幅・高さ・背景色・フォント・文字サイズ・文字色 を変更し、リアルタイムにプレビューします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ちょっと前にネオニートのススメというタイトルのコメントスパムがこのブログにも投稿された。
ぐぐるさんに聞いてみると(上の“ネオニートのススメ”リンク)どうやらfc2を中心にスパム活動をしているらしい。
で、fc2運営側はコメントスパム対策機能を入れる気は今のところ無いらしいから、「http://」をNGワードに設定してみた。

以下追記

一応、そのときの書き込み内容を以下に。
[C4] 313ネオニートのススメ
466株とか、アフィリとか色々試してみたけど…。。
やっぱ今の時代コレが1番稼げたよwwww
http://gogllle.net/t2/
URLがゴッグル!?と一瞬ビビッたけどlが一つ多い。Googleに似たドメインをとったというだけらしい。
投稿者のリモートホスト hkrbb147.osaka-ip.dti.ne.jp をブラックリストに登録して弾いてみたけど、ぐぐるさんに聞いたところ投稿時のISPがコロコロ変わるらしく、弾いてもあまり意味が無いらしい。でもまあ、一応弾いたままにしておく。

あとおまけ。gogllle.netのレジストラ情報
Registration Service Provided By: DigiRock, Inc.
Contact: info@value-domain.com

Domain name: gogllle.net

Registrant Contact:
DIGIROCK, INC.
VALUE DOMAIN (sakagutiryouta@yahoo.co.jp)
+81.662416585
Fax: +81.662416586
Honmachi TS Building 6F Bakurou-cho 4-7-5,Chuo-ku
Osaka-shi, Osaka-fu 541-0059
JP

Administrative Contact:
DIGIROCK, INC.
VALUE DOMAIN (sakagutiryouta@yahoo.co.jp)
+81.662416585
Fax: +81.662416586
Honmachi TS Building 6F Bakurou-cho 4-7-5,Chuo-ku
Osaka-shi, Osaka-fu 541-0059
JP

Technical Contact:
DIGIROCK, INC.
VALUE DOMAIN (domain-contact@digi-rock.com)
+81.662416585
Fax: +81.662416586
Honmachi TS Building 6F Bakurou-cho 4-7-5,Chuo-ku
Osaka-shi, Osaka-fu 541-0059
JP

Status: Locked

Name Servers:
ns1.value-domain.com
ns2.value-domain.com
ns3.value-domain.com

Creation date: 28 Feb 2007 13:02:16
Expiration date: 28 Feb 2008 13:02:16
メールアドレスsakagutiryouta@yahoo.co.jpで検索してみるとやはりその筋の人らしい。ツールで一斉送信してるんだろうけど、送信先のURLの取得はどうやってるんだろうとちょっと疑問に思ってみたり。
スパムコメントのURLを開くのも怖いんで開いてないけど、気にはなるからこれもまたぐぐるさんにお伺いを立てたら……そのものズバリのサイトは現れず、よくわからないまま。それにしても "gogllle.net" の検索結果 約 52,400 件 ってのはなんというか。10件を1秒で投稿できるとしても5240秒、一時間半は掛かる訳だ。って全部が全部一度に投稿したわけじゃないか。

20080820追記:
コメントスパム関連エントリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
去年の末あたりから、Googleが非常に使いにくくなった。
何やらいろいろと変更を加えたらしく、ひらがなとカタカナの同一視(例 すたいるしーと 以前は“もしかして”のリンクで類似の意味の文字を検索しなおすという手順が必要だった。)等の便利な機能がついたらしいけど(他はしらん)、一方、検索文字列の無視(例 dom タグにスタイルを適用)が酷くなった。
具体的には、上記の「dom タグにスタイルを適用」の場合、ページの中ほどから終りあたりに表示されている検索結果には「dom」の文字列が見当たらない。重要だから検索文字列の一番最初に設定しているのに無視してしまったら意味が無い。
別の検索エンジンを上手く併用しなきゃいけないと思うのだけど、いいところないかね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログサービスにはいろいろな機能がついているけど、名前を見ても詳細がわからず機能の説明が探しても見つからないか知りたいことが書かれていないことがあったりして困ったりしたりする。
もうちょっとどうにかして欲しいと思うけど、サービス提供側は特に書かなくても分かるだろうと思っているのだろう。
まあ、そんなこともあって、機能を確認するにはコミュニティで調べるか聞いてみるか使ってみるしかない。つーわけで、そんな感じで把握した機能のメモ。
ブログ拍手
使ったことはないけど、別のコミュニティでは「閲覧者がコメント書き込むつもりはないけど、そのブログ作者を応援(?)していることを表明するための機能」らしい。
時々「記事に共感した場合は拍手ボタンを押してください!!」みたいなブログを見かけるから、ブログ拍手の得票数によってブログポータルのランキングか何かに影響するようなものだと思っていて、真っ先に外した機能だけど、どうやら違うらしい。
誤解はとけたものの、今後も使うかどうかは?
ジャンル
VOCALOID2のエントリで使ってみたけど、いまいちよく分からない。
fc2のコミュニティ一覧みたいなページに掲載されるみたいだけど、こんなところ見るやつ居るのか?
自分のブログ内でジャンル分類できるのかと思ったけど、今のところ見当たらない。プラグインでどうにかできるのかもしれないけど、簡単に見つかるところに無いし、現状ではだから何?って感じの機能。
スレッドテーマ
ジャンルに同じ。
訪問者リスト
fc2アカウントにログインしている状態で、他のfc2ブログを訪問すると足跡が残るらしい?という大きなお世話機能。切ることはできないのかね?
で、足跡をみてみるとどうやら宣伝目的の「足跡スパム」(とでも呼ぶのだろうか?)がほぼ全てを占める。想定した動作で全く機能していないどころか、じゃまなだけ。
一応、足跡のブログ主のページを見てみると、コメント欄に「足跡から来ました。ブログ訪問ありがとうございます。」みたいな書き込みがずらりと。古のアングラサイトの「お礼は三行以上」状態。なんだこりゃみたいな。
とまあ他にもいろいろあるけど、今回はこのへんで。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ表示設定
横:
縦:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

寝込み屋(nekomimya)

Author:
寝込み屋(nekomimya)
twitter:
寝込み屋(@nekomimya)

リンクはご自由に。外すのもご自由に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
ブログ内検索(Google)
※要JavaScript、別ウィンドウで結果表示
ブログ内検索(FC2)
※検索結果が表示されないことがあり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近の記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FC2リンク
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    FC2カウンター
    閲覧者数合計


    現在の閲覧者数
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最近の画像
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    検索フォーム