バッチ作業用にSSDを買った。Seq-Read 500MB/s の優れもの。これで10倍速で作業が終了!!なんて期待を持っていたのだけど……。
以下、実作業と同じ条件でのベンチマークのようなもの。

処理内容:
wavファイル 2399ファイル 1.49 GB (1,602,780,710 バイト)
SoundForgePro10 で GEQ MasteringLimiterを掛けて上書き保存。

終了時間:
SSD CSSD-S6TM128NMPQ 16分36秒(996秒)
HDD ST2000DL003 24分14秒(1454秒)
HDDの1.5倍速……。期待とは大きく外れるこの結果にがっくし。
なんか遅くねぇ?ってことでとってみた一般的なツールでのディスクベンチマーク。
-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.1 (C) 2007-2010 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   168.771 MB/s
          Sequential Write :   146.245 MB/s
         Random Read 512KB :   156.064 MB/s
        Random Write 512KB :    53.818 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :    21.980 MB/s [  5366.3 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :    19.592 MB/s [  4783.3 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :    23.133 MB/s [  5647.7 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :    23.615 MB/s [  5765.4 IOPS]

  Test : 1000 MB [S: 63.1% (75.2/119.2 GB)] (x5)
  Date : 2012/09/25 20:10:15
    OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)


-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0.1 (C) 2007-2010 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :   107.260 MB/s
          Sequential Write :   102.590 MB/s
         Random Read 512KB :    28.728 MB/s
        Random Write 512KB :    52.911 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.309 MB/s [    75.3 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     0.966 MB/s [   235.9 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     0.556 MB/s [   135.7 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     0.969 MB/s [   236.5 IOPS]

  Test : 1000 MB [L: 91.9% (1712.8/1863.0 GB)] (x5)
  Date : 2012/09/27 18:50:35
    OS : Windows XP Professional SP3 [5.1 Build 2600] (x86)
古いPCだからそれほど速くならないのはわかるんだがseqで250MB/s位は出てほしいなぁ。
もしかしてSATA一番初期のの1.5Gで認識されてんのかな?ケーブル?時間があったら換えてみよう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先々週の土曜日にHDD WD20EARS *2 を秋葉原のドスパラで購入。一台8930円也。
それを先週の金曜日にPCに繋げ、二台クイックフォーマット→チェックディスクが土曜日に完了。
以前の故障したHDDの入れ替え では、応急的に故障したドライブと正常だと思われるドライブのデータを一緒くたに入れてしまっていたので、それを今回導入したHDDに振り分けるのに今日まで掛かった。ふう。

EARSなので、以前と同じく WD Align でアドバンスドフォーマット。 って、あれ?

今回付けた WD20EARS の Disk3と4 は Advanced Format Disk として認識されてるのに、 前回付けた WD20EARS の Disk6 は Not a Western Digital Advanced Format Disk って言われてる……。 うーむ……めんどくさいからもういいや。

そう、めんどくさいからこんなことに。

HDDピラミッド状態。 最上段と二段目右側がWD20EARS。 左側で見切れてるのが申し訳程度の8cmファン。

写真を撮るついでに。

録画用ドライブの塔。なんてきたない。天の怒りを買いませんように。


この間購入したDELLの液晶ディスプレイU2711。画面の映りがまともだとかどうとか伝えたかったけどあまりにも撮るのが下手すぎてなにがなにやら。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
おそらく 2009年3月に購入したであろうと思われる 1.5TB の HDD Seagate ST31500341AS が「カッツン、……ウィーン」言い出してうるさい・速度が出なくなった(アクセスは一応出来る)ので、 これを機にHDDの入れ替えをすることにした。

システム用ドライブ以外は全部外して、 マザボのSATAにカッツンする1.5TB HDDと 先日購入した 2TBのHDD Western Digital WD20EARS を接続。
ショップで購入する時にも聞いたけど、 このHDDは「アドバンスドフォーマット」で、 古いOSで使うときは対策をしないと遅くなるということで対策をする。
参考: WD20EARSのXPでの使用

簡単なのは7-8ピンにジャンパを付けるという方法だけど、ジャンパがない。 古いPATAのHDDからひっぺがして使えばいいのだが、PATAのHDDを探すのも面倒くさい。
ので WD Align utility をダウンロード・インストール・実行。
なんかよくわからなかったものの、あれこれやってなんとかアドバンスドフォーマット出来た。

そして RealSync でカッツン1.5THDDから2TBHDDへファイルコピー。
すると何故かカッツン言わなくなった……何で? HDDが壊れかけなんじゃなく、ESATA接続のどこかしらでエラーが発生していてリトライしてた?

それはともかく、なんとかファイルの移動が終了。
で、WD20EARSのベンチマーク

-----------------------------------------------------------------------
CrystalDiskMark 3.0 (C) 2007-2010 hiyohiyo
                           Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
-----------------------------------------------------------------------
* MB/s = 1,000,000 byte/s [SATA/300 = 300,000,000 byte/s]

           Sequential Read :    64.070 MB/s
          Sequential Write :    63.209 MB/s
         Random Read 512KB :    29.606 MB/s
        Random Write 512KB :    45.076 MB/s
    Random Read 4KB (QD=1) :     0.432 MB/s [   105.4 IOPS]
   Random Write 4KB (QD=1) :     1.080 MB/s [   263.6 IOPS]
   Random Read 4KB (QD=32) :     0.560 MB/s [   136.8 IOPS]
  Random Write 4KB (QD=32) :     1.042 MB/s [   254.3 IOPS]

  Test : 1000 MB [S: 60.3% (1123.2/1863.0 GB)] (x5)
  Date : 2010/05/15 17:41:57
    OS : Windows XP Home Edition SP3 [5.1 Build 2600] (x86)
ドライブ容量の半分位使っている状態ではあるものの、なんか遅い? シーケンシャルで60MB位しか出ない……。
アドバンスドフォーマットは適用出来てるはずなんだけど……。

うーむ……。まあ速度が必要な用途ではないからいいけど、アドバンスドフォーマットで費やした時間は無駄になっちまった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今更ながらようやくBlu-rayドライブを購入。 ドスパラで LITEON iHOS104-06 バルク品 ブラック が6480円也。
ついでに2TBのHDD Western Digital WD20EARS も購入。11470円也。
HDDは、現在エンコード用のtmpドライブ兼録画ドライブとして使っていたのが気持ち悪かったので仕方なく購入。埋まるのはまだもうちょっと先だったけど。
というわけで本命はBlu-rayドライブ。

このBlu-rayドライブはReadオンリー。書き込みは出来ないけどBlu-rayに焼くことなんてまず無いので別段問題は無し。というか PowerDVD 8 BD OEMバンドルで、6480円というお値段。 Blu-rayを手軽に安く見たいという目的にぴったり合致。
ディスプレイがHDCPに対応しているかどうか確認しないでドライブを買ってしまったので、家に帰るまでちょっとヒヤヒヤもんだったけどPLE2607WSは対応していたのでひと安心。一応、ビデオカードはRadeonHD4670なのでビデオカードに関しては全く心配はしてなかった。

早速取り付けて、PowerDVD 8 BD もインストールして こないだ購入したR.O.D -THE COMPLETE- Blu-ray BOX を再生。おおー。すげー。テキストの輪郭がものすごくきれいー。ってどうでもいいところに感心。
色味的に白っぽかったのでちょっとびっくり。 昔はブラウン管のディスプレイで見てて、現在は液晶なので、そこら辺の影響が一番強いんだろうな。
TV放送時にPCで録画してた時に、時々暗めののっぺりした場所で縦線が気になるなぁこれは電波状況のせいなんだろうなぁと思っていたのだけど、Blu-ray の R.O.D でも縦線が出てたのに一番びっくりした。
元ソースから縦線入ってたんですな。いわゆる「テクスチャ」とは思えないので製作時のエンコードのせいっぽい。まあそれならそれでいいんだけど、当時はノイズリダクションに躍起になってたなぁという苦い思い出が。

あー、後でWD20EARSも付けなきゃ。めんどくさ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
現メインPCの起動が、電源投入→POST画面表示されず「ピッ……ピッ……」自動でリスタート(BIOSリセット)→POST画面表示されず「ピッ……ピッ……」を1分程繰り返した後に起動というかなり怪しげな感じになっているので、いいかげん次期メインPCに移行しようと思い、土日の休日で現メインPCのデータを次期メインPCに退避を行っていた。まあ早い話がネットワーク越しに RealSync でのファイルコピー。

ファイル数は数えてないからわからんけど、ファイルサイズは9ドライブ合計約1.4TiByte強。
ファイル数・ファイルサイズ共に多いが2日間で何とか終わるかなーなんて甘い考えをしていたけど……終わらなかった。
原因は PIO病 の発症しているHDDがあり、それに気づかずに自動でコピーを行っていた為。
とはいっても、過去に何度も発症しているHDDなのでPIO病対策を行っても復帰できるとは限らないし、なにより中途半端なところでPC電源は落としたくないのでそのまま強行するしかないのだけど……このPIO病のHDDからコピーしている最中は常にCPU使用率が100%になってしまい、操作もすごくもっさり、ブラウザのタブ切換えで20秒位掛かる……何も出来ない。
もういい!止めて一番後回しにしてやる!!とブチギレてRealSyncの「更新」メニューを開くと「一時停止」があるじゃないの!!とヒャッホーな気分で一時停止。
寝る前とか仕事に出る前に再開って日々が2,3日続きそうだ。

PC3台つけっ放しだと、冬とはいっても寒くない。今日帰ってきて部屋が暖かくてビックリだったぜ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
新しく日立の2TBの安い方のハードディスク HGST Deskstar 7K2000 HDS722020ALA330 を購入してあったのを忘れてた。
昨年12月29日アキバのTWO-TOPで一台13270円だった。

とりあえず、録画用PCにESATAで付けてクイックフォーマット。
ディスクの管理では 1863.01 GB と表示される。もう120GBのHDDなんて誤差の範囲ですな。

で、以下がベンチ。
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
      Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

   Sequential Read :   90.786 MB/s
  Sequential Write :   78.112 MB/s
 Random Read 512KB :   20.689 MB/s
Random Write 512KB :   49.859 MB/s
   Random Read 4KB :    0.657 MB/s
  Random Write 4KB :    1.361 MB/s

         Test Size : 1000 MB
              Date : 2010/01/05 7:39:11
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
1.5TBの録画用HDDがカッコン言い出した。
検索にものすごく時間がかかるけど、再生出来ないわけでも無さそう。
ちなみに例のSeagate製HDD。 むーん……。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2TB HDDの値下がり続く、1万5千円割れの特価も
ここ数週間、HDD値下がりの急先鋒になっている2TBモデルだが、2万円割れから約1ヶ月、個数限定ながらも1万5千円割れの特価が現れた。

 特価の実施ショップはTSUKUMO eX.、モデルは日立 HDS722020ALA330で、実売価格は14,980円。9~12日各日10台限定(9日のみ18時開始)で、いずれも整理券配布とのこと。
特価で14980円とのことなのでまだ本格的な値下がりではないものの、兆しが見えてきたといったところか。

経験則でいうと、値が下がるときは一気に12000前後まで下がる。
2008.06.10 の HDD 1TB *3 エントリ時に購入した WD10EACS は17980円、 2008.09.10 の HDD 1TB *2 エントリ時に購入したWD10EACS は12080円と、 3ヶ月で6000近くも値が下がって複雑な思いをした。
また、 ST31500341AS (1.5TB,32MB)の価格推移 を見てみると平均価格が20000円を切ってから12000円に到達するまで2ヶ月程度。
ということで、もうちょっとすると2TBのHDDも12000円前後に値が下がって……きてくれるとうれしいなぁ~。(希望的観測)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
TWO-TOPで 1.5TB の HDD Seagate ST31500341AS ¥10980を3台と、 Microsoft ワイヤレス ノートブック オプティカルマウス 4000 ¥2980 を購入。
全部で¥35920なり。

ハードディスクは件のシーゲートなので、 Seagate Knowledge Base で3台とも不具合持ちで無いことをシリアルを入力して確認。
現在USB経由でフォーマット中。フォーマット後の予想ディスクサイズは1397.25GB。 ということで、HDD表記容量とフォーマット後の容量の差がとうとう100GBを超えたぜ!! 全然嬉しくないぜ……。
それはともかく、1.5TB*3のフォーマットは果たして何日後に終了するのか? 録画用ドライブ、録画したものをコンパクトにエンコードした保存用ドライブ、250GBの細かいHDDのデータをまとめる用ドライブ、のつもりなんだけど録画用だけは早く用意したい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2TB HDDが27日(金)発売、サンプル品も入荷 2TBのHDDが販売されるまで我慢、と思って2度と見ることはないだろうと思われる録画データをこまめに削除して録画用HDDの延命を図っていたのだけど、お値段が3万5千円じゃちょっと手が出ないなぁ。
Seagateの1.5TBのHDDなら1万2千円しないので ( PC watch CPU、HDD、メモリ相場情報(秋葉原 '09/2 第2週) ) そっちを買うことにするかな。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
窓の杜 - 【今日のお気に入り】HDD/SSDの動作状態を検査「FromHDDtoSSD」v1.1 で紹介されている FromHDDtoSSD で、所有している一部HDDをスキャンして動作の安定度(ヘッド系)を確認してみた。 それなりに時間が掛かるので覚悟。

まずは、メインマシン P4-2.66 の起動ドライブ MAXTOR 6Y120P0 (120GB)から。

緑で表示されている部分がセクタのデータの状態で、下の黒で表示されている部分が動作の安定度(ヘッド系)ということらしい。
購入は2003年の5月、6年弱アクセク働いてくれている割には比較的マシというか。

次は、上記のHDDより少し後に購入した Seagate ST316023A (160GB)より。

動作の安定度(ヘッド系)がむちゃくちゃになってる。過去にPIO病を繰り返して罹患するので、専用に回復用レジストリを用意していた程のヤバめなHDDなので、この結果にも納得。というか、いい加減捨てろよな感じ。

参考までに、比較的新しいHDDのデータ。
録画用PC ASRock 2Core1333-2.66G の起動ドライブで使用している 日立GST HDT725032VLA360 (320GB) より。

全く問題なし。

最近話題のシーゲート該当機種はどうなんだろう? と思って現在スキャン中。
そういえば、そのシーゲートの問題、解決したんだかしてないんだかよく分からない状態なんだよね。 前回ファームウェアアップデートした後、同じファームウェアバージョンナンバーがついた違うISOが公開されててビビった。 詳しくは 今日のSeagate @090125。 | ひねもす庵 に。
えー、またアップデートしなきゃいかんの?

20090128追記:

最近話題のシーゲート該当機種 Seagate ST31000340AS (1TB) スキャン終了したので追加。

うむ。全く以って問題なし。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
巷を騒がせているSeagateのHDDの不具合、シリアル照合の結果うちでは2台が該当機だったので早くファームウェアアップデータ公開しないかなとやきもきしていたが、 ITProの記事 売れ筋Seagate製HDDに不具合、アクセス不能に を見ると一部製品を対象に公開されたということが書いてあった。
なぜかいつもより早起きしてしまったので早速アップデートしてみたが、もともと不具合が発生していたわけでもなかったので特に変化も無く。 まあでもとりあえず安心していいのかな。

一応、アップデートの覚書
  • ASRock 2Core1333-2.66G はF2キーでBIOS設定画面に入る(DEL F8 いずれでもない)
  • 件のファームウェアアップデータはブータブルCDで起動したけど、この手の簡易的なツールの場合たいていがUSBドライバなんて読み込まれるわけでもなく。つーわけでUSBキーボードでは操作不能(泣)
  • ファームウェアのアップデートはやっぱりこわいぜ。
あんまりファームウェア関係ねぇな。

20090317追記:
不具合持ちのHDDかの確認は Seagate ナレッジ ベース で、HDDのシリアルナンバーを入力して確認。
シリアルナンバーの確認ツールもSeagate ナレッジ ベースから辿れる。

関連エントリ:

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
eSATAハブに繋げたハードディスクにファイルをコピーしていたらなにやらPC動作が異様に重くなり、画面停止と復帰を繰り返すようになった。
そのとき丁度TVチューナーカードで録画中だったので、eSATAの帯域不足・遅延書き込みで処理を食われてる?(録画中のドライブとコピーしていたドライブは別)なんて思っていたものの、しばらくすると録画が途中で終了・失敗ということになってしまった。
そもそもファイルのコピーと録画を同時にしたところで、こんなことにはならないはずだよな……なんて思っていたら、eSATAで繋げた先のドライブが全て消えてしまった。どうやら勝手に接続を切られたらしい。
とりあえず再起動して、ファイルをコピーしていたドライブにチェックディスクを掛けてみると、先ほど同様動作が異様に重くなり、画面停止と復帰を繰り返した後、またドライブパージされた。

なんか思い当たる節が無いわけでもない。REX-PCI15PMにMG-SA1443を繋げてるのだけど、 T-ZONEのMG-SA1443ページでは 容量的には2.5TBまでとなります。 と書いてある。
ポートマルチプライヤ環境を構築した時には1TBのHDDを3台繋げていて使えてはいたものの、格納されているファイルのサイズは合計で2.5TBは超えていなかった。
しかし現象発生時というか最近はそろそろHDDを足さなきゃなぁと思っていたところなので、この時のコピーで2.5TBを超えてしまったのかもしれない。とまああくまで推測でしかないけど。
というか検証する時間もないしめんどくさいので、ファイルコピーしていたドライブ以外のものをeSATAから外しPC内部のSATAに繋げることにした。

現在eSATA接続のHDDは1台、容量1TB中空き容量約110GB。 このドライブにチェックディスクを掛けてるけど、ドライブが強制パージされる現象は発生せず。
ということで MG-SA1443 で2.5TB以上のアドレスにアクセスしようとすると不具合が発生する でいいのかな?

関連エントリ:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
以前内蔵として接続していたHDDを、ポートマルチプライヤで外部接続して使っていると、 気付いたときには「マイコンピュータ」のドライブ一覧にそのHDDが表示されなくなっていた。

ドライブレターの変更等はしていないので、内蔵として使っていた時に作ったショートカットからそのドライブ内のフォルダやファイルにアクセスすることはできる。でもローカルではファイル名の変更が出来ない。ネットワークで別PCからならファイル名の変更が可能という意味不明状態。
管理ツールの「ディスクの管理」でも現象の発生しているHDDが表示されているし、 上記のようにネットワーク経由で他のPCから現象の発生しているHDDにアクセクすることも出来る。 ので、HDDが認識されていないわけではない。

ポートマルチプライヤが悪さをしているのかと思ってそれ関係で調べてみたけどよくわからず。
現象でぐぐるさんにお伺いをたてたら解決法にたどり着いたのでメモ。

HDD増設でマイコンピュータにドライブ名が表示されない

そういえばなんか心当たりがある。
WinXP初期設定のままだと、ドライブを接続した時にオートラン関係の動作を指定するウィンドウが開いてうっとうしいので、「何もしない」を選択してそれを既定の動作にしたような気がする。うろおぼえ。

それはそれとして対策は、レジストリの
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Windows\CurrentVersion\Policies\Explorer
NoDriveAutoRunNoDriveTypeAutoRun という値が作成されている場合はそれらを削除してマシンを再起動すると、マイコンピュータやエクスプローラに表示されなかったドライブが以前のように正常に表示されるようになった。
原因は、eSATAのホットプラグで接続してリムーバブルメディアとOSに認識され、 そのドライブを接続したときの既定の動作をてきとーに設定してしまった為ということになるのか。でも、「何もしない」を設定しただけでドライブが表示されなくなるってのも納得いかない。 「何もしない」はマウントもしないってことなのかよ? いや、シュートカットからアクセスはできるんだからマウントはされてるんだよな……。 とかもう何が悪いのやら、もういいや。

で、その元凶オートランに関して詳細メモ。
Windows XPで自動再生機能を無効化する

win2kとはレジストリの設定が違う。以下win2k。
[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Cdrom]
"Autorun"=dword:00000000
win2kはCD/DVD-ROMドライブしかオートランに関する設定は出来ないけど、 WinXPの場合はUSBメモリなどのリムーバブルメディアに対して、 また、個別のドライブに設定ができるようになっているらしい。
が、複雑なので上記リンク先でお勉強してきます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
深夜、いきなり録画用PCのファンが壊れて轟音を立て始めたので、 このファンを交換するついでに月曜日にアキバのT-ZONEで買って放置していた ポートマルチプライヤ対応eSATA PCIカードの REX-PCI15PM(RATOC Systems) と、eSATAハブの MG-SA1443(DECA oliospecページの方がわかりやすいかも) を取り付けることに。

まずは上記2点のポイントを挙げておく。
REX-PCI15PMは、SATAII(3Gbps NCQ Sil3124)、内蔵SATA 3ポートとポートマルチプライヤ対応eSATA 1ポート(5台まで接続可)、ホットプラグ対応。
MG-SA1443は、SATAII(3Gbps Sil3726)、Samsung製HDDには未対応、5V4pin電源(FDDに繋げる電源コネクタでOK)。
この2つをeSATAケーブルで接続するとeSATAハブに5台のHDDを繋げられ、内蔵3台と合わせて計8台繋げられるということになる。

で、PCに付けてみて特に問題も無く動くっぽい。 一応、REX-PCI15PMのSATAホットプラグツールに新ドライバがあったので ( ラトック ソフトウェアダウンロード ) それを入れておく。

せっかくなので、これまた月曜日に買って放置していたSeagateの1TBHDD ST31000340AS を繋げて転送速度のベンチマークを採ってみた。
--------------------------------------------------
CrystalDiskMark 2.2 (C) 2007-2008 hiyohiyo
      Crystal Dew World : http://crystalmark.info/
--------------------------------------------------

   Sequential Read :   96.297 MB/s
  Sequential Write :   86.961 MB/s
 Random Read 512KB :   37.898 MB/s
Random Write 512KB :   60.541 MB/s
   Random Read 4KB :    0.639 MB/s
  Random Write 4KB :    1.489 MB/s

         Test Size : 1000 MB
              Date : 2008/09/20 17:17:39
4KBのランダムリード・ライトがむちゃくちゃ遅いのが気になるけど、それ以外は及第点ってところ。
T-ZONEのMG-SA1443ページでは
最大5台まで接続可能。容量的には2.5TBまでとなります。
と書いてあったのでベンチ採ったHDDを認識できるか不安だったけど(他に1TBのWD10EACSが2台付いてる)一応使えるみたいだ。1台の最大容量が2.5TBってことなのかね?よくわからん

まとめとして、購入店と値段など。
REX-PCI15PM
(RATOC Systems)
SATA PCIカード T-ZONE 9800円
MG-SA1443
(DECA)
eSATAハブ T-ZONE 9800円
eSATA-eSATAケーブル1m T-ZONE 980円
ST31000340AS
(Seagate)
HDD 1TB クレバリー 11999円
(*2 計23998円)


20080921追記:
ちょっと古いけどPC Watchに 2万円で手に入る1TB HDDを比較 を見つけたので参考に。
あと、MG-SA1443はかなり熱くなる。 本当は問題ないのかもしれないけど、気になるので近くにファンを置いて直接風を当てるようにしてる。

関連エントリ:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そういえば、月曜日ににWDのHDD 10EACS-00D6B0 を2台ほど購入していたのを忘れてた。 まあ前回と同じ型ですな。
いいかげん、見ない録画はしない&消すをすればいいのにと思ってはいるのだけど、 消すにもどれを消そうか迷うし、保存用にAVCにエンコードするんだい!と思いつつもめんどくさくて溜まってゆく。
本当はすっぱり全部削除しちまえばいいんだろうけどね。

それはそれとして、EACSのお値段はアキバのTWO-TOPで購入して一台12080円。 3ヶ月で6000円も安くなってんの?嬉しいのやら悲しいのやら。
つーか、とっとと2TBのHDDを発売してください。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
年に一回くらいWindows2000でハードディスクが認識できない……。 というイベントが発生するのでメモ。

Windows2000で137GB(OS上で128GiB)以上のパーティションを認識できるようにする

まず参考:Windows 2000 における ATAPI ディスク ドライブへの 48 ビット LBA サポート
  1. 「スタートメニュー」→「ファイル名を指定して実行」で regedit と入力して「ok」でレジストリエディタを起動する
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Atapi\Parameters を開く
  3. 右クリックメニューから「新規」→「DWORD値」で新規に作成された値の名称を EnableBigLba に変更する
  4. 先ほど作成した値を右クリック→「変更」で「値のデータ」に 1 を入力し「OK」
  5. マシンを再起動する
上記手順が面倒くさい場合は、以下をメモ帳にコピペして (任意のファイル名).reg として保存→実行後、マシンを再起動
Windows Registry Editor Version 5.00

[HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\atapi\Parameters]
"EnableBigLba"=dword:00000001
確認は、マイコンピュータを右クリック→「管理」で起動する「コンピュータの管理」の「ディスクの管理」で、 ディスクのパーティショングラフに「未割り当て」と表示されていなければ成功。 一応書いておくと、マシンのBIOSが対応していなければ上記を実行しても認識できないということになるらしい。(未確認)
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そういえば、2週間ほど前にWDのHDD 10EACS-00D6B0 を3台ほど購入していたのを忘れてた。購入当時新しい333Gプラッタのモデルも出てたんだけど、値段が1000円位高かったのとスピードが第一条件ではなかったので見送り。
それぞれ、録画用、保存用、250GBのHDDをまとめる用、のつもりなんだけど、PCの中に入れるのがめんどくさい。ので、USBでつけることに。
HDD 4913
Read 29.50 MB/s (1180)
Write 24.74 MB/s (989)
RandomRead512K 19.14 MB/s (765)
RandomWrite512K 25.47 MB/s (1018)
RandomRead 64K 6.10 MB/s (244)
RandomWrite 64K 17.94 MB/s (717)
ATA33相当位?やっぱりUSBじゃ遅い。
一台17980円*3台と久々の散財。でも、ずいぶん安くなったよなぁ。最初買ったときは3万円弱だったのに。
あとついでに、DSP版WinXPproも買っといた。19980円なり。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
雑用PCとエンコード用PCと録画用PCという感じで、家に居るときは3台のPCを常時稼動させていたのだけど、電気代的にちょっと精神衛生上よろしくないなぁ、ということで、エンコード用PCと録画用PC統合することにした。

しかし、録画用PCに付けていたTVチューナーカード SmartVision HG2/R をエンコード用PCに移動するにはPCIスロットが足りないので、スロットを空けるためにSATAカードを元録画用PCに移動。
それとともに、エンコードした動画が格納されているHDDも元録画用PCに移動。 さらに、録画用HDDをエンコード用PCに移動もしなければいけない(録画用ドライブは容量の小さい320GB*2ストライプなので、ファイル保存用にはしたくない)。

そんな感じの作業を終え、エンコード兼録画用PCの電源を入れて「ディスクの管理」で録画用HDDを確認すると、「異形式」と表示されている?……。
このOSを買ってすぐに大後悔したのにすっかり忘れてたのは、WiwXPのHome Editinではダイナミックディスクが扱えないというProfessionalとの機能差別。 MicrosoftのWindows XP の機能比較ページに書かれてないんだもんなぁ。(あとネットワークユーザーのアクセス権限もWin2kと違ってて非常に困ってるけど)

んでもって、さらに今度は元録画用PCを起動しようとするとOSをロードすることができないというトラブルに見舞われる。PCIに挿したSATAカードと相性が悪いらしい。 あーもう、相性なんてここ最近なかったのになぁ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2日に買って置いていた「SATA4P-PCI」PCIカード「DDR2-800 2GB*2」メモリ「WD10ACS」HDDをようやく付ける気になったので搭載する。
めんどくさいのでPCを寝かせずに付けたら起動しなかったりして、搭載済みのパーツを付けたり外したりして結局起動ドライブの電源コネクタが外れかけてたことが判明してぐったり。まぁよくあることですな。
メモリ付けた時に、マザボが「バキッ」って言ったので壊れたかとヒヤヒヤしてたけど。

一応ベンチ。(ASROCK 2Core1333-2.66G)

CrystalMark 89021
ALU 23109
Fibonacci 9339
Napierian 4385
Eratosthenes 3193
QuickSort 6170
FPU 28930
MikoFPU 3353
RandMeanSS 17223
FFT 4334
Mandelbrot 3998
MEM11988
Read4836.17 MB/s (4836)
Write1780.62 MB/s (1780)
Read/Write1771.37 MB/s (1771)
Cache35790.83 MB/s (3579)
HDD 8908
Read 65.45 MB/s (2618)
Write 54.02 MB/s (2160)
RandomRead512K 36.53 MB/s (1461)
RandomWrite512K 42.70 MB/s (1708)
RandomRead 64K 7.44 MB/s (297)
RandomWrite 64K 16.61 MB/s (664)
GDI6779
Text 1387
Square 1740
Circle 2377
BitBlt 1275
D2D6478
Sprite 10 279.03 FPS (27)
Sprite 100 251.44 FPS (251)
Sprite 500 174.36 FPS (871)
Sprite 1000 126.09 FPS (1260)
Sprite 5000 39.27 FPS (1963)
Sprite 10000 21.06 FPS (2106)
OGL2829
Scene 11747
Lines (x1000)(220626)
Scene 2 CPU(32)
Scene 2 Score1082
Polygons (x1000)(45982)
Scene 2 CPU(32)

CrystalMark 2004R2 [0.9.123.402]
(C) 2001-2007 hiyohiyo
[ http://crystalmark.info/ ]
比較のP4-2.6G

CrystalMark 34037
ALU 5485
Fibonacci 1553
Napierian 1201
Eratosthenes 1121
QuickSort 1588
FPU 6714
MikoFPU 858
RandMeanSS 3762
FFT 1161
Mandelbrot 911
MEM 6620
Read2617.13 MB/s ( 2617 )
Write1532.83 MB/s ( 1532 )
Read/Write1604.30 MB/s ( 1604 )
Cache8453.65 MB/s ( 845 )
HDD 8076
Read 53.37 MB/s ( 2134 )
Write 52.57 MB/s ( 2102 )
RandomRead512K 28.71 MB/s ( 1148 )
RandomWrite512K 40.42 MB/s ( 1616 )
RandomRead 64K 7.39 MB/s ( 295 )
RandomWrite 64K 19.54 MB/s ( 781 )
GDI 4653
Text 653
Square 1071
Circle 1973
BitBlt 956
D2D 1041
Sprite 10 28.30 FPS ( 2 )
Sprite 100 26.81 FPS ( 26 )
Sprite 500 21.60 FPS ( 108 )
Sprite 1000 17.33 FPS ( 173 )
Sprite 5000 6.86 FPS ( 343 )
Sprite 10000 3.89 FPS ( 389 )
OGL 1448
Scene 1 985
Lines (x1000) 0
Scene 2 CPU 0
Scene 2 Score 463
Polygons (x1000) 0
Scene 2 CPU 0

CrystalMark 0.9.98.166
(C) 1998-2003 hiyohiyo
[ http://crystalmark.info/ ]

比較するのもヤボですが。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ表示設定
横:
縦:
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
プロフィール

寝込み屋(nekomimya)

Author:
寝込み屋(nekomimya)
twitter:
寝込み屋(@nekomimya)

リンクはご自由に。外すのもご自由に。

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
ブログ内検索(Google)
※要JavaScript、別ウィンドウで結果表示
ブログ内検索(FC2)
※検索結果が表示されないことがあり
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近の記事
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のコメント
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
最近のトラックバック
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
月別アーカイブ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カテゴリ
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
RSSフィード
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リンク
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FC2リンク
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    FC2カウンター
    閲覧者数合計


    現在の閲覧者数
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    最近の画像
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
     
    検索フォーム